フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,083

コタツ駅伝で冷え知らずのランニング

お正月といえば、コタツにみかんに箱根駅伝です。 箱根駅伝…絶対寒いですよね。憧れはあっても寒いなか走るのはしんどそうです。 日本の伝統的暖房設備コタツで、ぬくぬくと箱根駅伝を走ることはできないのか。考えてみました。

コタツじゃそもそも走れないじゃないか!

「コタツでは走れない」それを言ってしまったらこの企画はおしまいです。 無理だったことを可能にしてきたからこそ、現代の最新技術がある… 私にだって考えつけるはずです。コタツのなかで走る方法を…!

こたつでぬくりながら走るねぇ…

走るためには足を動かす必要がありますが、こたつのなかでは無理です。 ここで逆の発想。足を動かさずに走ることを考えましょう。

足を動かさずに走るねぇ…
zzz…

年末年始は、家でだらだらできる数少ない休みなのです。 こんな無謀なテーマを考えていたら、そりゃ眠くもなります。

代わりに走ってもらう

自分の足を使うことはあきらめましょう。 彼に走ってもらうのです。

リトル毎川です。

そう、脚はコタツのなかでも、手はフリーなのです。 私の手が走る=私が走る。この方程式になにか間違いはありますか?

そろばんを用意すれば…
無限に走れますね。

走行手段が確保できました。 あとは雰囲気を出すため、ユニフォームを着せます。

初出場ニフティ大学のリトル毎川選手。

箱根駅伝、スタート

選手の紹介が済んだところで、コタツ駅伝スタートです。 今回の検証では山の神ならぬコタツの神になるため5区を走りたいのですが、駅伝スタート前の緊張感、ロケットスタートを決める爽快感を味わいたく、1区のスタートだけ体験したいと思います。

各々体を動かし、スタートに備えます。 選手はみな緊張に満ちた表情です。
位置について…
スタート!

後ろが霞むほどのスタートダッシュを決めました。(絵面的に) 新年一発目にこれほど爽快な走りを決められたら、その年は間違いなくいい年ですね。

その勢いで先導の白バイも抜き去ります。(絵面的に)

タスキリレー

無事にスタートを切り、4区の選手から私が走る5区へタスキをつなぎます。

タスキを受け取る準備は万端です。
後は任せろ!
「あいつならきっとやってくれる…!」とタスキを渡した選手が思いそうな後姿です。

給水タイム

走っているのがリトル毎川とはいえ、空気も乾燥していますし、のどが乾いてきました。 長距離走の重要なポイントの一つである、給水に挑戦します。

給水所だ!

リトル毎川に口はありません。私が飲まざるを得ないですね。 無事に給水が完了し、5区も佳境にはいっていきます。

沿道の応援

箱根駅伝では山を下り終えると、たくさんの応援の人々が選手たちを待っています。

選手たちもきっと、この応援を感じて自然とペースがあがるのでしょう。

駅伝の盛り上がりは沿道の応援があってこそです。 たとえコタツのなかでも、応援の有無で気持ちが変わってきます。

5区の雰囲気を忠実に再現したく、ギャラリーを用意しました。
皆さんしゃべれませんが、声援がいい感じにテレビから聞こえてきます。

声援を受け、往路も残すところあとわずか。 ここでラストスパートをしかけます。

定番のアレでギアチェンジ

ラストスパートへのギアチェンジといえば誰もがご存知の「サングラス投げ捨て」。 サングラスかけたままのゴールは許されない、そんな雰囲気すら感じます。 長距離走の憧れであるこの行為も、コタツ駅伝で再現可能です。

っしゃーーー!いくぞーーー!!!
目に気力がみなぎっています。

追い上げてきたアイツ

スパートをかけ始めたその時。 ぶっちぎりだったはずのニフティ大学に追手が現れます。

すぐ背後にアイツが来ている!
コタツ駅伝常勝校、強豪大学です。

ゴール直前の攻防は駅伝最大の盛り上がりを見せるところ。 まさかコタツ駅伝でもあの攻防が見られるとは!

いけ!ニフ大いけ!!!
いけぇぇぇーーー!!!
ニフティ大学、初出場にして初優勝!快挙達成だーーーっ!!

コタツの神へインタビュー

本格的に走る前にコタツ駅伝のよさを伝えようとポイントを押さえましたが、すでにしんどいです。 指を使うため、手の甲や前腕部分もつらいですが、なにより肩をおかしくしています。 テーブルに人差し指と中指を垂直に立ててみてください。気持ちがわかってもらえると思います。 ということで、5区をまともに走ることができず、コタツ駅伝は終えることとなりました。

燃え尽きた選手感も忠実に再現。 「お前がいたから俺は勝てたと思う」「実業団に入ったら真っ先に倒してやるよ」

暖房がきいたスポーツクラブで走ればいい

寒いのが嫌だけど、運動はすべき。その考えをもとにコタツで駅伝に挑戦しましたが、スポーツクラブに行けば、暖房がきいた暖かい部屋でランニングできます。 そう、コタツで走るなんて発想をする前に、スポーツクラブへ行けばいいのです。 スポーツクラブに行くまでが寒い? 駅伝選手は何十キロの道のりを走るため何百キロも走り、レギュラー争いに勝ち、弱い自分にも勝ち、寒さに負けず走っているのです。そう考えればきっとスポーツクラブまで、ほいっと行けるはずです!

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © 2018 FIT Search All Rights Reserved