フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,083

自転車(かつぎ)通勤ダイエットを試してみた

新生活が始まる季節になりました。自転車通勤する方もいることでしょう。毎日体を動かす習慣ができ、朝の風を浴びて出勤。健康的ですよね。 自転車通勤のメリットはそれだけではありません。乗らずにかつげば相当なトレーニングになるのです。 試しに自転車を担いで通勤してみました。

とりあえず自転車をかつぐ

本番の通勤をする前に、まず自転車をかついでみました。 左手でハンドルを制して、右手と右肩で自転車の重心を支えます。意外と安定していますね。 背中にペダルがあたるように位置を調整すれば、体の一部といってもいいほど固定されます。

左手をハンドルに添えないと、歩くたびに持ち手が顔面に突き刺さります。
今回は私の地元で一番近いオフィスビルに通勤します。 道のりは約3km。自転車通勤するにはいい感じの距離です。(Google マップより)

自転車をかつぐなら、スポーツクラブに行った方が安全

とりあえずかついでみたところ、いきなりトラブルが発生しました。

背中…痛い… 移動する以前に、最初のリフトアップで故障しました。

この自転車は約13kg。こんなものを腰より上に持ちあげる機会はそうそうありません。 全行程歩くと、心どころか背骨も折れそうです。 ハードな通勤をして業務に支障をきたしているようでは社会人失格です。とはいっても、言ったことをやらないなんて人間失格。かつぐのか、かつがないのか…いきなり厳しい決断を要求されています。

自転車をかつぎたい!熱い思いが体を突き動かしました。 しかし社会人として無理はしません。自転車(かつぎ)通勤でポイントになる部分を絞り検証します。 最初に言わせてください。スポーツクラブに行けば安全に、ウェイトを使ったトレーニングができます!

踏切を渡る

自転車通勤において、もっとも予定を狂わすのが踏切。 自転車(かつぎ)通勤でもそれは同様です。 実際に渡って、コツをおさえておきましょう。

あ!電車来た!
これは間に合わない!

自転車に乗っていれば、おそらく渡れていた踏切。 走って渡ろうとすると、肩に自転車がガンガンあたり、ものすごく痛いです。 痛みに気を取られながら慌てて踏切を渡り、転倒したら…通勤が命がけになってきました。

コツは「あせらない」。それだけです。
無事に渡れました。

遮断機が上がると、並んでいたかたが一斉に動きます。 自転車は横幅があるので、すれ違う車や人とぶつからないよう注意しましょう。

交差点を渡る

踏切に次いで予定を狂わすのは、デカイ交差点です。 渡る間際で信号が変わってしまうと数分は待たなければなりません。 朝は数分が命とりです。かついで通勤する場合はどうでしょうか。

渡り始めた瞬間、歩道の端に寄る。周りの通行人にぶつからないようにするためです。 歩き始めて数百mですが、熟練の雰囲気をまとっています。
「お兄ちゃん鍵なくしちゃったの?」 「いえ、好きでかついでます!」 「気を付けてね」 「ありがとうございます!」

交差点は、人の心も交わる場所… 自転車(かつぎ)通勤の心温まる部分を感じることができました。

歩道橋を渡る

自転車をかつぐということは、要は歩いているということです。 となると、歩道橋が使えます。これで信号を気にせず通勤できますね。

階段のぼりは肩に響く…この時点で信号待てばよかったと思っています。

こどもとお母さんが登ってきました。 自転車だと横幅があるため、すれ違い時、こどもさんにぶつけないように気を付けます。

「すみません、邪魔ですよね」 「いえいえ、大丈夫です」

横幅があるという認識で、人を思いやれる…自転車をかついで気がつきました。 歩道橋に書かれている「ありがとう、笑顔でかわす良いマナー」。実践できた気がします。

駅で休憩

本来電車で通勤すると降りてくる駅につきました。 オフィスまであと一息です。駅前でちょっと休憩していきましょう。

(あれ?そっか、これから仕事なんだ…) 一杯のコーヒーが現実に引き戻します。

今日はこれで終わりではない。これからが本番だ! この休憩時間を挟むことで、仕事モードに切り替えようと考えましたが、結局切り替わったような切り替わらないような、変な気持ちになっただけでした。

オフィス到着

長旅もあとわずか。ついにオフィスが見えてきました。

3kmの行程をすべてを、かついで通勤することはできませんでした。 しかし距離とは無関係に、思いやりに満ちた通勤だったように感じます。 ビルに反射して映る自分の姿には、どこか充足感がありました。

もう一日分の充足感あるから、仕事は休みたい…そのくらいヘビーな運動でした。

残っていたのは肩のアザ

こうして、自転車通勤をした場合、どんな感じなのか検証ができました。 気持ちの面では思いやりを感じることができましたが、体の面ではとにかく肩が痛いです。 13kgの大半を支え、歩くとグイグイ、走るとガンガンあたり続けたわけですから…

このサドルの下のバーを肩に食い込ませて支えるため、ダメージがデカイです。 ずっと返し続けている手首にもダメージがあります。
その日の夜、肩にはくっきりとダメージが。

スーツ姿で自転車をかつぐと、かっこいい

スーツ姿で自転車をかつぐと、哀愁が漂うかっこいい感じになります。 検証中、視線を感じることがありましたが「なんかあいつかっこいいな」ということなのですね。 もちろん、トレーニングとしてもアリです。日々の鍛錬に飽きた上級者におすすめします!

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © 2018 FIT Search All Rights Reserved