フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,083

スポーツをしているように見える写真を撮る方法

スポーツをする人は、爽やかさであり、カッコいい。出社前にサーフィンで波に乗り、夜はランニングに出かけ、週末にはカヌーを漕ぐ。なんともカッコいい。憧れる生活だ。 しかし、基本的にスポーツは疲れる。上手くなるまでに時間がかかるものもあるし、道具にお金がかかるものもある。そこで、スポーツをしていないのに、しているように見える写真を撮ろうと思う。

スポーツはキツい

スポーツは体にも良く、「スポーツをしている」と言えば、相手に好印象を与えることもできる。学生時代を思い出すと、サッカー部やバスケ部など、スポーツ系の部活をしている男子はモテていた。

スポーツはカッコいい

スポーツをした方が、体にもいいし、カッコよく、爽やかな印象を与えることは誰もが知っている。そこまで分かっていても、スポーツをしない人がいる。私のことだ。どうしても面倒で、スポーツをしないでいるのだ。学生時代も帰宅部だった。

だいたい家にいる

そこでスポーツをしていないけれど、スポーツをしているみたいな写真を撮ろうと思う。その写真をFacebookなどにアップすれば、スポーツをしている人のように見えて、第三者に簡単に好印象を与えることができるはずだ。

スポーツをしましょう!

ゼッケンをつける

スポーツと言っても、いろいろなものがある。サッカーもランニングも、登山もスポーツだ。相手に好印象を持たせるスポーツとはなんだろうか。そんな問題はゼッケンをつけることで全て解決する。

ゼッケンをつけると、
大会に出たみたいになる

いろいろなスポーツがあるが、そのスポーツに真剣に取り組み出せば、「大会」に出ることになるだろう。ランニングを好きな人がマラソン大会に出るのと一緒だ。どんなスポーツにしろ、極めたければ「大会」に出るのだ。

つまり普通の格好ではダメだが、
ゼッケンをつければ大会に出たみたいなる

大会に出ると「ゼッケン」をつけることになる。マラソン大会などを見ていると、もれなく選手はゼッケンをつけている。つまり大会なんか出ないけれど、ゼッケンさえつけていれば、スポーツの大会に出ているように見えるのだ。

トレイルランの大会に出ています!

本当は何の大会にも出ていない。ゼッケンも手作りである。しかし、ゼッケンをつけて写真を撮れば、大会に出ているスポーツに真剣に取り組む人に見えるのだ。私はこれを「ゼッケン効果」と呼んでいる。

トレイルランもウソで公園で撮りました!

カヌーの大会に出る

もっと具体的なスポーツ名を出してもいいかもしれない。しかし、マラソン大会などは、写真を撮るにしても大勢のランナーが写っていなければならない。サッカーなどの団体競技ならばなおさらだ。

そこでカヌーの大会に出ました!

本当は何の大会にも出ていないので、大勢が写ることは困難。そこでカヌーの大会である。カヌーで川を下る写真は自分しか写っていなくても問題ないからだ。上記の画像のように、激流をバランスよく下って行くのだ。

本当は下っていません!

もちろん本当はカヌーの大会には出ていない。私はカヌーに乗ったことすらないのだ。しかし、写真ならば簡単。このような写真を撮って、「カヌーの大会に出ました!」とでも書いて、Facebookにアップすれば、誰もがスポーツマンなのだ。

このような道具を駆使します!

カヌー大会に出ていないけれど、出たみたいな写真を撮るには、ウインドブレーカーにゼッケン、そして料理に使うボールと、突っ張り棒があればいい。カヌー大会にカヌーは必要ないのだ。

頭を濡らしましょう!

激流を下るので、当然濡れることになる。それを演出するために、髪を濡らす。幸いなことに川なので、水はいくらでもあるので、髪を濡らすのは容易だ。あとは水しぶきを再現できれば完璧である。

水を口に含み、
口から勢いよく吐き出せば、
カヌー大会に出ました!

水しぶきは水を口に含み、吐き出せば激流を再現できる。幸いなことに川なので、水はいくらでもあるので、水を吐き出すのは容易だ。これでカヌー大会に出ていなくても、カヌー大会に出ているみたいな写真が撮れる。カヌーは簡単だ。

若干、寂しさがあります

ここでちょっとブレイク!

ゼッケンをつけないスポーツもある。バスケなどがそうだ。バスケは大会に出なくても、ストリートでやっている場合もある。バスケゴールがある公園などは、かなりの数存在する。

バスケット!

バスケは屈指のモテるスポーツである。もちろんできるのならば、である。バスケは決して簡単ではないので、誰もが使える公園などでは、上手い人が集まり、下手だと恥ずかしい。しかし、写真ではバスケ選手のようになれるのだ。

ダンクシュート!

華麗なるダンクシュートである。身長が低い日本人がダンクシュートを決めるとなれば、ジャンプ力で補うしかない。上の画像はそれができている写真だ。見た人は私の身体能力の高さに驚くだろう。

そんなジャンプ力はありません!

もちろんそんなジャンプ力はなく、ボールすら持っていない。しかし、カメラが設置された三脚をバスケゴールの下に置き撮影すれば、それっぽく写る。本気でバスケをしている人たちには、「なんかすみません、すぐ終わるんで」と言えば、撮影させてもらえる。

低いジャンプ力!

サーフィン大会に出る

最後はサーフィンの大会に出ようと思う。サーフィンの大会でゼッケンをつけるのか疑問は残るが、サーフボードを持って、ゼッケンをつけて立っていると大会のように見える。

サーフィンの大会に出ました!

サーフィンはカッコいいスポーツで、芸能界でも波に乗っている俳優や歌手が、こぞってやっている。サーフィンさえやっていればカッコいいのだ。ましてや大会にも出ている。カッコいいとしか言いようがない。

そうでもないです!

本当はサーフィンの大会に出ていないし、サーフボードすら持っていない。ベタベタするから、できれば海にも入りたくない派なのだ。しかし、写真では立派なサーファー。カッコいいは作れるのだ。

笹かまを準備します

サーファーの写真を撮るには「笹かま」を準備しなければならない。本当にサーフボードを買えればいいが、サーフィンをしないのに買うのはもったいない。そこで「笹かま」なのだ。形がサーフボードみたいだからだ。

それを三脚に設置して、
さらに三脚にカメラを設置して、
撮影すれば、
サーファーです!

なるたけ全てのものにピントがあうように撮影をすれば、小さな笹かまも大きく写り、サーフボードのように見える。サーファーは簡単になれるのだ。海に入る必要もないのだ。Facebookにアップすれば、サーファーでカッコいい、と多くの人が思うだろう。

笹かまを横にすれば波乗りも可能!
撮影風景はマヌケだけど!

スポーツマンは作れる

スポーツをした方がいいのは知っているけれど、お金がかかるし、疲れる。そこで考えたのが、このような方法だった。写真の中では、私はスポーツが大好きな人だ。よって爽やかにも見えるだろう。 問題は実際にやって! と言われた時だ。だって、できるはずがないのだ。そこで誰にも見つからないように家にいようと思います。

笹かまは美味しいです!
本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © 2018 FIT Search All Rights Reserved