掲載施設数:9,537

干し芋ダイエットのやり方・効果・口コミ?本当に痩せるの?調べました!

最終更新日:
https://fitsearch.jp/storage/cache/8e0aa620d02e8b18a569d4f9bbca0940.jpg

どうしてもダイエット中に甘いものを食べたくなることがありませんか? そんな甘党のみなさんに朗報です。 なんとあの甘くて美味しい干し芋でダイエットをする方法があるんです。

スーパーやコンビニで手軽に買えて、腹持ちバツグンアイテムの干し芋が本当にダイエットに最適の食品なのかを調べてみました!

干し芋のカロリーや栄養成分は?

気になる干し芋100gのカロリーは、303kcalになります。

一般的なご飯茶碗一杯分のカロリーは、168kcal程度ですので、干し芋を2枚で白米と同じくらいになってしまいます。

これだけカロリーや糖質が高いとダイエットの不向きなのでは?と思う方が多いかもしれませんが、心配はご無用です。 
なぜなら、干し芋は低GI値の食品だからです。

干し芋は低GI値食品

GI値とは炭水化物を食べたときの血糖値の上がりやすさを示す数値で、高ければ高いほど血糖値が早く上がります。血糖値の急激な上昇は、すい臓からインスリンの分泌を促し、体内に糖を溜め「太る」原因となります。
GI値が低ければ低いほど、血糖値は上がりにくくなり、血糖値が上がらなければ、血糖値を下げるためのインスリンが出ないため、高めの糖質でもGI値が低くければ、太る要因になりにくいことが期待できるというわけです。

干し芋のGI値は55で、55以下の食品は低GIとされているので太りにくいとされています。
ちなみに白米が88で、低GI食品代表の玄米は干し芋は55で干し芋と同じ数値になります。

食物繊維

干し芋100gに含まれる食物繊維の量は、5.9gです。
これは1日に必要な食物繊維量の1/3の量です。
消化されにくい食物繊維は毎日のお通じをサポートしてくれる大切な役割を持っているんですよ。

干し芋は食物繊維がバランスよく含まれているため便秘予防や改善にとても適しているんです。

ビタミンE

ビタミンEは血行を良くすることで、栄養をスムーズに体全体にいきわたらせたり、悪玉コレステロールの酸化を防いでくれる効果もありますよ。

ビタミンB2

脂肪燃焼のためには代謝をあげることが大切になってきます。
ビタミンB2にはそんな代謝をサポートしてくれる役割を持っています。

カリウム

むくみをとるための体内の水分調節には、ナトリウムとカリウムをバランスよく取り入れることが必要で、その不足しがちなカリウムを干し芋から摂取することができるんですよ。

干し芋のカリウムで身体の水分を出すことで、むくみが改善されます。

マグネシウム

マグネシウムの役割として重要なのが、消化や吸収を行う酵素がきちんと働くことで代謝をサポートしてくれるという点です。
ダイエット中はマグネシウムが不足してしまいがちなので、干し芋から摂取するようにしましょう。
  
干し芋にはダイエット中の方に嬉しい栄養素がたくさん含まれており、厚生労働省が定める1日に必要な栄養素を干し芋からとることも可能なんですよ。

干し芋ダイエットのやり方・食べ方・食べる量

干し芋はとても栄養バランスがいい食品なんです。
まずは、主食を少し干し芋に置き換えてみることから始めてみましょう。
 
甘い物やおやつが辞められない人は、間食を干し芋にすることで、満足感が得られるはずです。
噛み応えもあるので、少量でも満足できますよ。
 
食事の前に干し芋を食べることで、満腹中枢が刺激されるので食べる量を減らすことができます。
噛み応えがあるので、少量で満腹になり食べ過ぎ防止にもなります。

干し芋ダイエットのデメリット

メリットだらけのような気がする干し芋ダイエット。
では、デメリットや注意することないのでしょうか?
注意していただきたい二点をご紹介します。

食べすぎは厳禁 

干し芋は糖質が高くカロリーもとても高い食品なので、食べ過ぎると逆に太ってしまいます。
ついつい食べすぎてしまいそうになっても、一日2〜3枚程度でストップするようにしましょう。

便秘がひどいときなどに干し芋をたくさん食べると、より便秘が悪化する可能性があるので注意してくださいね。

夜に食べることは控える 

干し芋は糖質とカロリーが高いため、夜や寝る前などには食べない方が無難です。
おやつとして、昼頃やトレーニングの2〜3時間前に食べると腹持ちがいいのでオススメですよ。

干し芋ダイエットの口コミ

実際に干し芋を食べて痩せたいう口コミをご紹介しますね。

まとめ

干し芋は栄養素がたくさん含まれており、身体にとっても良い効果がたくさんありますが、食べる量や時間には注意してくださいね。
主食の置き換えとして、ダイエット中のおやつとして、トレーニング前の食事として最適なので、ぜひ日々の食生活に取り入れてみてくださいね。


※本記事はダイエットの有効性を保証するものではありません。
※ダイエットの効果は個人によっても異なり、正しいとされる方法でも思わぬ体調不良を引き起こす場合があります。
実践の際には、ご自身の健康状態を十分にご考慮下さい。

 

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブ、スポーツジムのジム検索サービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。
近くのフィットネスクラブ、近くのスポーツジム、おすすめや安いフィットネスクラブ、スポーツジムなど多くの施設をご紹介。
また、ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved