掲載施設数:13,370

「朝バナナダイエット」とは?効果と注意点をまとめました!

最終更新日:
https://fitsearch.jp/storage/cache/cf22be74e963436b5cf5ca0fc10d12da.jpg

「朝バナナダイエット」とは朝食にバナナを食べるというとっても簡単なダイエットですが、それだけでは対して効果が出ずに終わってしまいます。そこで、朝バナナダイエットを成功させるためのポイント、注意点等を紹介していきます。

朝バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットのやり方

朝バナナダイエットのやり方は、食事制限や管理と違ってとってもシンプルです。

朝食にバナナを食べて水を飲むだけ!

朝バナナダイエットとは、朝食にバナナを1~2本食べて常温の水を飲むだけです。

「これだけで何が変わるの!?」と感じる人もいるかと思いますが、バナナのカロリーはご飯1杯の約3分の1、食パン一枚の半分以下の約86kcalでとても低いのです。

また、バナナには食物繊維、炭水化物、タンパク質、マグネシウム、カリウムなどの栄養素が含まれており、非常にダイエットに向いている食品です。

バナナは生で水は常温

朝バナナダイエットでは、生のバナナを食べます。加熱をしてしまうと、大事な栄養が失われてしまいますし、トッピングや味付けをしてしまうと結局カロリーが高くなってしまうので気をつけましょう。

昼食と夕食は普段通りでOK

朝バナナダイエットでは朝食のカロリーを下げて、1日あたりの摂取カロリーを下げることによるダイエットなので、昼と夜はいつも通り食べて構いません。

間食も大丈夫ですが、いずれも食べ過ぎには注意が必要です。

2週間以上は継続させる

朝バナナダイエットはダイエットの即効性がある訳ではなく、毎日の摂取カロリーを以前より低く抑えることができるので痩せることができます。

そのため、体重が落ちるまで最低でも2週間以上の期間が必要です。

朝バナナダイエットの効果

朝バナナダイエットの効果

朝バナナダイエットには、カロリーを抑えられること以外にも多くの効果・効能が期待されています。

むくみが改善される

バナナには「カリウム」という体内の塩分と水分を整えて余分なものを体外に排出してくれるので、むくみ防止の効果が期待されます。

むくんでしまっていると血流やリンパの流れが悪くなり、体の冷えに繋がる可能性があるので、朝バナナダイエットは冷えの予防にもなります。

お通じが改善される

バナナには食物繊維が豊富に含まれており、バナナの甘味である「フラクトオリゴ糖」と呼ばれる糖分は腸内の善玉菌の餌になります。

善玉菌が活性化することで、腸内環境を整えられて毒素がたまりにくくなるので毎日のお通が改善されます。

気持ちを落ち着かせてくれる

バナナには、精神を安定させ気持ちを落ち着かせてくれる「セロトニン」という成分が含まれています。

朝にバナナを食べることで1日をすっきりと落ち着いた気持ちでスタートすることができそうです。

朝バナナダイエットを成功させるコツ

朝バナナダイエットを成功させるコツ

朝バナナダイエットの成功させるためのコツを紹介していきます。コツを抑えて、効果のでる朝バナナダイエットを実践しましょう。

時間をかけて食べる

バナナは柔らかく、簡単に食べることができるので、普通に食べるとすぐに食べ終わってしまいます。それではなかなか満腹感を得ることができません。

そのため、よく噛んでゆっくりと食べることが朝バナナダイエットのコツです。ゆっくりと時間をかけて食べることで満腹感を得やすく脳が満足に食事をしたと感じるので食欲を抑えることができます。

起床後30〜60分以内に食べる

起床後30〜60分以内に食べると睡眠中に消費したエネルギーの補充になるので、余計なカロリーを吸収しません。

朝バナナダイエットを成功させたいのであれば食べる時間も意識しましょう。

朝バナナダイエットの良いところ

朝バナナダイエットの良いところ、メリットを紹介していきます。

バナナの栄養素で「むくみ」と「便秘」の改善

効果でも記載しましたが、バナナにはむくみを改善してくれる「カリウム」、ダイエットの敵「便秘」を改善してくれる食物繊維が豊富に含まれており、腸内環境を整えてくれます。

カロリーを抑えてダイエットができるだけでなく、健康面でも効果があるという優れもののダイエットです。

簡単だから継続しやすい

朝バナナダイエットは、朝食にバナナ1~2本と常温の水を摂るというとっても簡単なダイエットです。

バナナも安価で入手することができるので、経済的にも精神的にも負担が掛からず手軽にできるので続けやすいというのは大きなメリットです。

朝バナナダイエットの注意点

朝バナナダイエットはシンプルですが、気をつけなければダイエットどころか逆に太ってしまいかねないのでいくつか注意点も紹介します。

昼食と夕食で栄養をしっかり摂る

バナナを食べているだけでは栄養が偏ってしまうので、昼食と夕食ではバナナでは摂取できない栄養を補給することが大事です。特にタンパク質は、バナナだけでは少ないので意識して摂取して筋肉を維持しましょう。

ましてや昼食と夕食もバナナを食べてしまうのは絶対にやめましょう。朝バナナダイエットは朝食だけを置き換えるダイエットです。

バナナの食べ過ぎは禁物

バナナ1本当たりのカロリーは約86kcalと意外と控えめ。食物繊維やビタミンなどがバランスよく含まれているので、ダイエットや美容の強い味方になってくれそうです。ですが、食べて過ぎてしまっては元も子もありません。間食にバナナを食べるのは問題ないですが、あくまで1日の摂取カロリーを下げることが目的なのを計算してください。

朝と夜の摂取ではどのように違うのか?

朝のフルーツは、まだ消化管の活動が鈍い体でも吸収されやすいので適しているのです。また、朝は一日のうちで最も血圧が上がりやすい時間帯なので、高血圧の人は朝食にフルーツを食べるといいそう。フルーツに含まれる「カリウム」が「ナトリウム」を排出し、血圧を下げる効果があるからです。

それにフルーツは、糖質、ビタミンC、カリウム、食物繊維などの栄養素が含まれているので、美容と健康のために積極的に取り入れたい食べ物です。
農林水産省の「食事バランスガイド」では1日に200g(バナナ2本程度)の摂取が望ましいとされています。

しかし夜のフルーツは注意しなければなりません。それも、夜は中性脂肪に変わりやすい傾向があるので、夜に食べる場合は、夕食の量を減らすなど、エネルギー摂取量を調節するとよいでしょう。

まとめ

朝バナナダイエットは非常に簡単にできるダイエットですが、簡単な故にコツを抑えて、効率的に実践しなければ中々効果が出ないどころか、むしろ太ってしまいかねません。

今回紹介したポイント、コツを抑えて長く継続させることが朝バナナダイエット成功への鍵です。

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブ、スポーツジムのジム検索サービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。
近くのフィットネスクラブ、近くのスポーツジム、おすすめや安いフィットネスクラブ、スポーツジムなど多くの施設をご紹介。
また、ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved