掲載施設数:9,437

ゆりやんレトリィバァ×岡部友 【マインド変える美尻道】モゥ~太らない!! フィットネスコラボイベント(ゴールドジム原宿店)

最終更新日:
https://fitsearch.jp/storage/cache/236c7eaf3a37543094b6d808e3baf84a.jpg

-38kgという大幅なダイエットに成功したお笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんとそのダイエットの師匠である美尻トレーナーの岡部友さんがゴールドジム原宿店でコラボイベントを開催。 継続的に取り組むコツやマインドの持ち方が語られるとともに、ゆりやんレトリィバァさんのパワーヒップネスインストラクターデビューの場となりました。

動画はこちらから

絶対成功させるボディメイク法を知り、体験する女性限定のイベント

お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんとそのダイエットの師匠である美尻トレーナーの岡部友さんのコラボイベント「【マインド変える美尻道】モゥ~太らない!! ~今年こそ絶対成功させるボディメイクの考え方~」が2021年2月15日にゴールドジム原宿店で開催されました。

イベントは2部構成になっており、前半はゆりやんレトリィバァさんと岡部友さんのクロストーク、後半はゆりやんレトリィバァさんがインストラクターとして指導するパワーヒップネスのプログラム体験。参加者は女性に限定して開催されました。
イベントは2部構成になっており、前半はゆりやんレトリィバァさんと岡部友さんのクロストーク、後半はゆりやんレトリィバァさんがインストラクターとして指導するパワーヒップネスのプログラム体験。参加者は女性に限定して開催されました。

必要なのは自分自身のためのダイエット

ゆりやんレトリィバァさんと岡部友さんの出会いは2018年。
テレビ番組のダイエット企画でコンビを組み、10kg以上のダイエットに成功しましたが、その後が続かずにリバウンドを繰り返し、ついに体重は110kgにまで増加してしまいます。

「テレビのダイエット企画のときは、知識を身に付けたり取り組みの内容を理解したりすることもなく、仕事としてただ言われたことをひたすらやるのみでした。その後も自分なりにダイエットしてみるけれど結局はリバウンドしてしまって、とうとう110kgにまで。『ヒャクジュウの王』ですね(笑)。」
「テレビのダイエット企画のときは、知識を身に付けたり取り組みの内容を理解したりすることもなく、仕事としてただ言われたことをひたすらやるのみでした。その後も自分なりにダイエットしてみるけれど結局はリバウンドしてしまって、とうとう110kgにまで。『ヒャクジュウの王』ですね(笑)。」

もはやダイエットに挑戦する気も起こらなくなり、「今後ダイエットの企画が来たら断ろう」とまで思っていたというゆりやんレトリィバァさん。
諦めの気持ちが強まる一方、同じくらい健康面の心配や将来の人生への不安もつのっており、思い悩んだあげく「仕事のためでもなく、好きな人に媚びるためでもなく、自分自身のために」と一念発起。2019年11月、再び岡部友さんの元を訪れました。

「なぜ」「どうして」理解しながら進めることが大切

岡部友さんのスタジオ「Spice up Fitness」で行う週2回のトレーニングに加え、自宅にヒップトレーニング専用のマシン「グルーツビルダー」を導入。出張先のホテルでも簡単に負荷を加えた運動ができる「グルーツバンド」を使ってトレーニングを始めたゆりやんレトリィバァさん。
食事についても「師匠」と仰ぐ岡部友さんに逐次報告しながら、コントロールしていきます。
ここで大切だったのが、運動でも食事でも「なぜそうするか」ということ。
食事を例にとると「どうして糖質を制限するのか」「どうしてお腹が空いていないときに食べてはいけないのか」などをひとつひとつ理解することで、食べるのを「ガマン」するのではなく「チョイス」するという意識に変わっていったといいます。

「何か食べたくなったら一度立ち止まってその食品を食べてみたところを想像するというワザもありますよ。続けているうちにそれだけで満足して、食べるのを諦められることが増えていくので、ぜひやってみて!」
「何か食べたくなったら一度立ち止まってその食品を食べてみたところを想像するというワザもありますよ。続けているうちにそれだけで満足して、食べるのを諦められることが増えていくので、ぜひやってみて!」

生活習慣も変化

生活習慣も変化

食事に気を遣うようになったため、基本的に自炊を行うようになったゆりやんレトリィバァさん。
「自炊するための時間はあるのですか?」という質問には「早起きして時間を作っています」との返答。
健康的な体にすることを目的にして生活をしているのだから、そこに時間を割くのは最優先。これまで寝る前にスマートフォンをいじっていた時間を料理の下ごしらえに使うなど、生活習慣にも変化がみられるようになりました。

ダイエットの結果は俯瞰して確認

2019年11月の本格ダイエット開始時には96kgあった体重が、2021年の1月末には69kgにまで減少。
途中、体重が減らなくなる停滞期が何度か訪れたものの、痩せていくプロセスを理解していたからこそ乗り越えることができました。

「特に女性の場合、生理前は体が水分を蓄えようとするため、どうしても体重は増えてしまいます。単に体重の増減だけを点としてみていたら、そこで嫌になってしまうでしょう。でも、前回の生理前のタイミングよりも体重が減っていたのなら方法は間違っていないということ。結果は俯瞰して追うようにしてください。」
「特に女性の場合、生理前は体が水分を蓄えようとするため、どうしても体重は増えてしまいます。単に体重の増減だけを点としてみていたら、そこで嫌になってしまうでしょう。でも、前回の生理前のタイミングよりも体重が減っていたのなら方法は間違っていないということ。結果は俯瞰して追うようにしてください。」

パワーヒップネスインストラクター資格を取得

現在、一番の興味が岡部友さんとヒップトレーニングだというゆりやんレトリィバァさん。
「芸人として、人間として、できることをもっと増やしたい」との想いで「POWER HIPNESS(パワーヒップネス)」のインストラクター資格にチャレンジ。
トレーニング理論や解剖学などの知識とこれまで続けてきた実践が実を結び、見事取得することができました。

「芸人仲間の間でも聞かれるように、ダイエットに関してさまざまな情報が氾濫していますが、自分の経験を踏まえて正しい情報を正しい形で世の中に伝えていけるよう頑張ります!」
「芸人仲間の間でも聞かれるように、ダイエットに関してさまざまな情報が氾濫していますが、自分の経験を踏まえて正しい情報を正しい形で世の中に伝えていけるよう頑張ります!」

ゆりやんレトリィバァさんによるパワーヒップネスを体験

約1時間繰り広げられたトークセッションの後は、休憩をはさんで「パワーヒップネス」の体験セッション。
ゆりやんレトリィバァさんのインストラクターデビューの場となりました。

まず最初に「お尻を起こす」ウォームアップとして、お尻のストレッチ。普段、前かがみ気味になっている姿勢ではお尻の筋肉が伸びているので、反対側の体の前面の筋肉を伸ばします。
まず最初に「お尻を起こす」ウォームアップとして、お尻のストレッチ。普段、前かがみ気味になっている姿勢ではお尻の筋肉が伸びているので、反対側の体の前面の筋肉を伸ばします。
膝上にバンドを付けて膝を開くトレーニング。「膝を開こうとするのではなく、お尻を両側から真ん中へ寄せるようにしてください。そうそれば自然と膝は開きますから。」など、意識するポイントなどもその都度的確にアドバイスがあります。
膝上にバンドを付けて膝を開くトレーニング。「膝を開こうとするのではなく、お尻を両側から真ん中へ寄せるようにしてください。そうそれば自然と膝は開きますから。」など、意識するポイントなどもその都度的確にアドバイスがあります。

トレーニングが変わるタイミングには給水タイムを設け、動きがキツすぎる人はいないかなども確認しながら、テンポよくプログラムは進行。

仰向けになってお尻を上げるトレーニングも両側から真ん中へお尻を寄せるように意識。そうすると勝手に腰が上がり、正しい姿勢で効果的なトレーニングができます。
仰向けになってお尻を上げるトレーニングも両側から真ん中へお尻を寄せるように意識。そうすると勝手に腰が上がり、正しい姿勢で効果的なトレーニングができます。
膝上とつま先にバンドを付けて前後左右に歩く「モンスターウォーク ウィズ バンド」。「股関節を曲げる」「お腹を意識する」「お尻を伸ばす」のがポイント。このあたりからキツくて声をあげる人の姿もみられるようになりました。
膝上とつま先にバンドを付けて前後左右に歩く「モンスターウォーク ウィズ バンド」。「股関節を曲げる」「お腹を意識する」「お尻を伸ばす」のがポイント。このあたりからキツくて声をあげる人の姿もみられるようになりました。
四つん這いになって足を上げるトレーニングやお尻のストレッチなどを経て、締めくくりは「サイドジャンプランジ」。全力で追い込みをかけます。
四つん這いになって足を上げるトレーニングやお尻のストレッチなどを経て、締めくくりは「サイドジャンプランジ」。全力で追い込みをかけます。
自身で用意した音楽に合わせながら、ポイントポイントに笑いを交えた45分間。常に参加者のモチベーションを引き出す初めてとは思えないスムーズな進行に、最後は参加者から惜しみない拍手が送られました。
自身で用意した音楽に合わせながら、ポイントポイントに笑いを交えた45分間。常に参加者のモチベーションを引き出す初めてとは思えないスムーズな進行に、最後は参加者から惜しみない拍手が送られました。
本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブ、スポーツジムのジム検索サービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。
近くのフィットネスクラブ、近くのスポーツジム、おすすめや安いフィットネスクラブ、スポーツジムなど多くの施設をご紹介。
また、ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved