フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,118

その辺の道で高地トレーニングをする方法

高地トレーニングというものがある。酸素が薄い標高の高い場所で走ったりして、心肺機能を鍛えるトレーニング方法だ。マラソン選手や水泳選手などがこのトレーニングを実施している。 我々もそのようなトレーニングをしたいけれど、標高が高いところに行くのは難しい。時間の問題あるし、お金の問題もあるだろう。そこで、その辺の道で高地トレーニングをしてみようと思う。

高地トレーニングとは

高地トレーニングは、多くのスポーツ選手が実施しているトレーニング方法だ。スタミナを必要とするマラソンなどのスポーツは特に、心肺機能を鍛える必要があるので、効果的らしい。

高い山で行います!

ただ高地トレーニングには、お金が必要だ。寝泊りできる施設がある高地に行かなければならず、また走れる環境がある高地に出向かなければない。つまり遠いし、面倒なのだ。一般ピープルである我々が簡単にできることではないのだ。

でも、やってみたいと思います!

一応、高地に行く

我々だって高地トレーニングをしたい。酸素が薄いところで走り、心肺機能を鍛えたい。そう思い、レンタカーを借りて、東京・奥多摩のさらに奥の方に出かけてみた。私が住んでいる狛江よりは標高が高いからだ。

車を走らせて、
標高の高いところにきました!

634メートルというところに来たけれど、もちろん空気の薄さは感じなかった。調べてみると高地トレーニングは1200メートルなどの、もっと高いところでやるらしい。冬は雪も降るだろうし、トレーニングどころではないかもしれない。

とりあえず、634メートルで走ってみることにしたけど、とにかく寒い!

マラソンなどは寒い時期にやるけれど、寒いとわかりきっている状況で、服を脱ぐのは勇気のいることで、トレーニングに来たけれど、帰りたい! という気持ちばかりが心を支配した。走ってもみたけれど、近所を走っているのと変わらなかった。

この程度の高さでは特に恩恵はない

空気を薄くする

ふと思う。高地トレーニングの利点は他にもあると思うが、基本的には酸素が薄いことを利用して、心肺機能を鍛えること。ということは、自分で吸う酸素量をコントロールすれば、それはもはや高地トレーニングなのではないだろうか。

タオルを準備しました!

走っていて呼吸が早くなっているので、自分の意思で息を吸う量を減らす、なんてことはできないので、タオルを口に入れて走ったら、自然と吸う酸素量が減るのではないだろうか。これでどこでも高地トレーニングが可能になる。

タオルを口にセット!
走る!
すごいキツい!

確かに酸素は少なくなった。呼吸ができないに等しい。また水分をよく吸い取ってくれるで有名なタオルなので、口中の水分を持って行き、水分なしでクラッカーを食べたみたいである。地獄を見た。

本当にキツかった!

専用器具があった

タオルがキツくもう我々一般ピープルには、高地トレーニングは無理なのか、と思っていたら、専用の器具があった。マスクのようにつけることで、吸い込める酸素量をコントロールできるそうだ。

これです!
8000円くらいしました!

なんとも怪しげだけれど、これで口元にやってくる酸素が減るので、普通に呼吸をしていても、酸素が薄く、高地トレーニングのような効果を望めるわけだ。ちなみに、私は間違ってマスクを上下逆につけていて、メガネが異様に曇り、さらに怪しくなっている。

これ、キツいわ!
酸素ない!

溺れている時みたいだ。私の心肺機能がよくないという問題はあるが、満足の行く呼吸ができない。これが高地トレーニングなのだろう。マスクをこんなに激しく取りたい! と思ったことはなかった。

すごい疲れ!

これで高地トレーニングができる、と思ったけれど、問題もある。これをつけて近所を走っていたら、危ない人って言われる気がする。私がつけているのもあるが、怪しすぎるのだ。事件の匂いがする。さっきのタオルの写真と一緒に見ると、間違いなく事件だ。

事件だ!

誘拐された人と、誘拐した人、みたいになっている。これは両方とも自力で高地トレーニングをした人の末路かもしれない。タオルでも、マスクでも、危ない事件の匂いしかしないのだ。高地トレーニングに難しい。

夜だとさらに危険な香りがした!

スポーツクラブにあった

一般ピープルでも高地トレーニングができないかと思ったけれど、家に戻り調べると、スポーツクラブに高地トレーニングのような運動ができる設備があるところもあった。 最初からそちらに行けばよかった。寒くもないだろうし、怪しくもないはずだ。一度やってみたい気もする。マスクは最近の世の中を見ると事案になる可能性もあるから、やっぱり鍛えるために行き着くのはスポーツクラブということになる。便利だ。

タオルも事案になる気がする!
本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © 2018 FIT Search All Rights Reserved