フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,818

ドライフルーツダイエット

総合評価3.0
  • ペース2
  • 手軽さ3
  • 予 算2
  • 成功率2
口コミ3件

どんなダイエット?

気をつけてほしい点は、多くのドライフルーツには植物油や白砂糖が添加されているという点です。体に良いものをとっているつもりでも、実は、過剰な油と余分なカロリーを摂取していることになるのです。ドライフルーツを選ぶ際に大切なことは、裏面の原材料名を確認し、なるべく天然のものを摂取することです。また、良いものと言って、食べすぎても逆効果です。カロリーはありますので、肥満の原因となります。1回に食べるカロリーは約80キロカロリー、これは、プルーンは100gが235キロカロリー、一つのカロリーが大体25キロカロリーなので、2~3個がよいでしょう。小腹が空いた時のお助け食材として、また、料理内に甘みを添加するお助け食材として上手に活用しましょう。

なぜ効くの?

ドライフルーツとは、その名の通り、くだものを乾燥させたものです。ドライにすることで水分が抜けて成分が凝縮し、生鮮で食べるより効率よく栄養を摂取することができます。栄養価が凝縮されているので健康食として利用するのもよいでしょう。特にドライフルーツに共通する栄養素としては、食物繊維、ミネラル、抗酸化作用があげられます。食物繊維には、水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けない不溶性食物繊維がありますが、ドライフルーツはこのどちらもバランスよく含んでいるといわれています。また、ミネラルは果物が本来保持していたカリウムなどのミネラルが失われずに乾燥されるので、ミネラル成分も期待できます。また、果物の色素成分が持つ抗酸化作用も摂取できますので、手軽な老化防止、アンチエイジング効果が期待できる食材といえますね。

手順

ちょっとお腹が空いたときや、おやつの時間、朝食にプルーンやレーズンなどのドライフルーツを食べるようにします。バッグにしのばせて、コンビニのお菓子が欲しくなった時に、代用として食べるようにし、お菓子を食べる習慣を減らします。身体を酸化させ、疲れを生みやすい甘みの摂取から天然の微量栄養素も含む甘みの摂取へと、甘みの質を移行させます。

やってみた!口コミ

ノンフライで無糖のものを選びました

私は無糖のドライフルーツを見つけ食べています。以前はフライ加工されているものや加糖のものを食べていましたがやはり、カロリーが気になったので・・・。無糖のドライフルーツを販売しているお店はあまりないので見つけた時はすごく嬉しかったです。やはり食べ続けるのであればノンフライで無糖のドライフルーツの方が食べやすくていいです。

絵文字アイコン画像:Six Apart Ltd / CC BY 2.1

おすすめ施設のご案内

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved