フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,561

不飽和脂肪酸ダイエット

総合評価4.1
  • ペース2
  • 手軽さ5
  • 予 算3
  • 成功率3
口コミ8件

どんなダイエット?

健康やダイエットのために、脂質を過不足なくとるだけではなく、脂肪酸のバランスも重要です。とり過ぎると健康上の問題を招く飽和脂肪酸を多く含む食品をできるだけ控え、一価不飽和脂肪酸のオレイン酸(オリーブ油、キャノーラ油、調合サラダ油)やn-3系の多価不飽和脂肪酸(魚油など)を多く含む食品を積極的にとることが望ましいとされています。調理の時、一価不飽和脂肪酸を多く含む植物油を用い、1日1食は主菜を魚料理にすると望ましい摂取比率に近づきます。望ましい脂肪酸摂取比率は、飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=3:4:3と言われています。ちなみに、脂肪は一日の総エネルギーの20~25%未満(30~69歳)と言われています。ダイエットに脂質すべてがNGというわけではなく、上手に取り入れながら、ダイエットしましょう。

なぜ効くの?

脂肪酸の種類は、「飽和脂肪酸」と、「不飽和脂肪酸」の二つに分類できます。飽和脂肪酸は肉類や乳・乳製品の脂肪に多く含まれ、中性脂肪やコレステロールなどの血液中の脂肪濃度の上昇に関与しています。それに対し、不飽和脂肪酸は、魚介類や植物油に含まれます。とくに一価不飽和脂肪酸のオレイン酸は、「善玉」といわれるHDLコレステロールを下げずに総コレステロールを下げる働きがあり、動脈硬化を予防すると言われています。また、体内で酸化しにくい性質があるため、有害な過酸化脂質を作りにくいのが特徴です。地中海周辺で心疾患による死亡率が低いのは、オレイン酸が多く含まれるオリーブオイルを使用しているためと言われています。多価不飽和脂肪酸のn-3系のDHAやEPAは、中性脂肪を低下させる作用があります。

手順

「不飽和脂肪酸」のオレイン酸を多く含むオリーブオイルや、魚介類に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やIPA(古くはEPA;イコサペンタエン酸)を摂ります。食品からも十分摂取できますが、魚臭さが苦手という方はサプリメントで補助すると安心です。

やってみた!口コミ

サラサラ油ダイエット

“地中海の雫”と言う不飽和脂肪酸のサプリメントが私は凄く調子が良かった♪

絵文字アイコン画像:Six Apart Ltd / CC BY 2.1

おすすめ施設のご案内

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved