フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,087

ローフードダイエット

総合評価3.5
  • ペース3
  • 手軽さ3
  • 予 算4
  • 成功率3
口コミ5件

どんなダイエット?

ローフードを摂取するタイミングは朝食時がよいでしょう。朝に果物や野菜を使ったジュースを摂るようにします。果物はとても消化されやすいので、食事の最初に摂取しましょう。果物を摂取する時のポイントは季節の果物をたべるということ。食事は基本的に野菜中心で夜は炭水化物を控えるようにします。タンパク質源は、野菜、特にスプラウトから多く摂取します。そしてナッツ類です。ローフードダイエットは体の中から老廃物をだすデトックス効果もあるので、体重減少の効果がでる方も多いです。ただ、冬場に無理に続けると体を冷やしまい、代謝が逆に悪くなることもあります。1人1人に適したダイエット方法がありますので、無理せず自分の体の声をきいてトライしてみましょう。

なぜ効くの?

ローフードダイエットは今までお肉やお魚、塩辛いものを多く食べていた方には有効でしょう。生野菜、果物、油脂類は体を冷やすエネルギー、拡散するエネルギーを持っており、引き締めるエネルギーで体が硬くなっていた肉食の方に効果がでているといえます。また、食材のもつ「酵素」を大切にしようという考え方もポイントです。人は酵素がなければ生きていけません。しかしこの酵素は年齢とともに、減っていきます。この体の中の酵素に負担をかけないために、外から酵素を取り入れます。食材の酵素は48度以上では死滅してしまいますので、酵素を活かすために加熱はなるべく避けます。酵素をいかすことによって代謝がよくなるといわれています。また、野菜、果物中心ですので、食物繊維が豊富になり、便通の改善が期待できるでしょう。

手順

どんな食品でも、約48度以上に加熱しないで食べます。実際問題48度以下となるとほぼ加熱はできず、温めるだけになってしまいます。加熱しなくても食べられる食品の筆頭は、野菜と果物。ナッツ類もOK。魚類はOKですが、同じたんぱく質でも肉類はNG。豆腐を含む豆類、パスタや米などの穀物、ジャガイモ、トウモロコシなどもローフード・ダイエットのメニューには入らないそうです。※ただ、さまざまな「流派」があり、食品選択の基準は曖昧なようです。

やってみた!口コミ

試行錯誤中です。

介護士をしています。今現在、朝は野菜入りお粥1.5人分、昼は持参のおにぎり1個、夜も野菜入りお粥1.5人分食べています。まだ始めて5日で3キロ落ちてます。介護士だから仕事が大変だからかもしれません。お酒は以前は毎日飲んでいましたが、今は飲んでないです。野菜は自転車で片道30分の所に業務スーパーがあるので購入してます。お米は何時も一合炊いています、多く炊くと食べちゃうからです。

絵文字アイコン画像:Six Apart Ltd / CC BY 2.1

おすすめ施設のご案内

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © 2018 FIT Search All Rights Reserved