フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,222

プロテインダイエット

総合評価3.6
  • ペース3
  • 手軽さ4
  • 予 算3
  • 成功率3
口コミ288件

どんなダイエット?

余分な脂肪分や糖質をカットされた食品で必要なタンパク質が豊富なのがプロテイン。その上手な摂取方法をご紹介します。<プロテインの種類>1、動物性プロテイン…吸収が早く、ダイエットに運動を取り入れている方に向いています。2、大豆プロテイン・・・・・カロリーが低くダイエットに適しています。<摂取方法>体重50kgの女性の場合例:朝…プロテインドリンク(実質20g)+果物+食パン1枚昼…外食またはお弁当(高カロリーのものは避け、バランスの良い食事をおこないます)夜…プロテインドリンク(実質20g)+温野菜+ご飯少なめダイエットメニューの一例ですが、主食、主菜、副菜のバランスは整えプロテインを主菜がわりにすると、摂取カロリーを大幅に抑えることが可能です。<ポイントと注意点>1、おかずで脂質を摂りすぎないよう注意しましょう。2、甘いものが欲しくなったら、プロテインドリンクで胃を満たすようにしましょう。3、プロテインは摂取過多とならないようバランスを考える(体重1kgに対して1g以内を目安に)4、プロテイン商品の内容をしっかり理解すること(自分のダイエットに適合しているか)5、飽きないようにプロテインの味を複数用意すると良いでしょう。

なぜ効くの?

1日の活動でもっとも消費カロリーが高いのは基礎代謝です。基礎代謝とは安静時の消費カロリーのこと。寝ていても消費される生きていく上で必ず消費されていくカロリーです。成人の男性平均は1500kcal/日、成人女性1300kcal/日程度と言われています。基礎代謝は筋肉量に比例し、筋肉が多い人ほど消費カロリーが増えていきます。筋肉はタンパク質でできており、ダイエット中はタンパク質量が極端に少なくなります。そこで筋肉量も基礎代謝も落とさずダイエットするには、適量のタンパク質が必要不可欠で、しっかり補充してくれるのがプロテインです。低カロリーで栄養豊富なプロテインで余分な食事をカットしましょう。

手順

カロリーの高い食事量を減らし、ダイエット時に必要な栄養素をしっかり補給するダイエット方法ダイエット中は食事が偏り、必要な栄養素まで不足してしまう傾向があります。そこで気軽に必要な栄養素を摂取できるのがプロテインダイエット。スポーツマン御用達のイメージがありますが、ダイエットの強い味方なのです。

やってみた!口コミ

大変

痩せる良いけど…始めてみます。

絵文字アイコン画像:Six Apart Ltd / CC BY 2.1

おすすめ施設のご案内

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved