フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,095

カリウムダイエット

総合評価4.5
  • ペース1
  • 手軽さ3
  • 予 算3
  • 成功率3
口コミ2件

どんなダイエット?

カリウムは野菜やいもなどの植物性食品をはじめ様々な食品に豊富に含まれているため、普通の食事で欠乏することはありません。仮にとり過ぎたとしても尿中に排泄されるので、普通の食事で過剰症になることもありません。ただし、「煮る」と約30%損失してしまいます。果物や野菜をそのまま食べたり、みそ汁やスープなど煮汁ごと食べられる料理にしたり、電子レンジを活用して温野菜にすることで、カリウムが無駄なく摂取することができます。外食が多いときは野菜とフルーツのジュースを活用するのもお勧めです。しかし、ドレッシングのかけ過ぎや味付けの濃い料理は塩分の過剰摂取になり、むくみやすくなるので注意が必要です。ナトリウムとカリウムの摂取バランスが重要でナトリウム/カリウムの摂取比率2以下が望ましいといわれています。カリウムはサプリメントで補わなくても食事から十分補えるので、カリウムを多く含む野菜や果物を摂取しながら、ナトリウム(塩分)を減らし、水をしっかりとることが一番のむくみ予防になります。むくみが気になるという方で「水分を控える」のは間違い。むくみがひどい時は、むしろ水もしっかり摂って体内の塩分を外に排出させることも同時に心がけるとむくみ解消になります。また、水分を摂るのは、夜より昼間に多くすると、余分なものが排出されやすくなります。

なぜ効くの?

カリウムのおもな働きは、ナトリウムとともに浸透圧の維持をすることです。体内に含まれるカリウムの多くは細胞内に含まれており、細胞外液に多いナトリウムと作用しながら、細胞の浸透圧を維持したり、水分を保持したりしています。そのため、食塩(塩化ナトリウム)を過剰に摂取した場合、利尿作用を高めるカリウムを摂取することでナトリウムの排出を促すことでむくみを予防に効果があります。カリウムには細胞内の酵素反応を調整する働きがあり、エネルギー代謝をスムーズに行わせ、細胞が正常に活動できる環境づくりも行おこなっています。

手順

利尿作用を高めるカリウムを多く含む食品を摂ることで、ナトリウムの排出を促し、余分な水分を排出することでむくみを予防するダイエットです。カリウムはさまざまな植物性食品中に含まれており、とくに、きゅうり、すいか、海藻類、じゃがいも、バナナ、メロン、大豆、インゲン豆、里芋、アボガド、果物類などに多く含まれています。

やってみた!口コミ

効果あり!!!

カリウムを含む食品を取るとむくみが取れますし、体重が同じでもスッキリして見られます(*^^*)
一週間程でむくみはスッキリ、カロリー制限や軽いストレッチ、スクワット30回などで 3キロ減りました♪
むくみがない事で見た目は、もっと痩せたように見えるようです!
効果も早いし、高血圧予防~健康維持でき、なおかつ、食べながらのダイエット!
オススメです(*^^*)

絵文字アイコン画像:Six Apart Ltd / CC BY 2.1

おすすめ施設のご案内

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © 2018 FIT Search All Rights Reserved