フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,816

αリポ酸(アルファリポ酸)ダイエット

総合評価2.5
  • ペース1
  • 手軽さ3
  • 予 算3
  • 成功率3
口コミ6件

どんなダイエット?

αリポ酸(アルファリポ酸)の摂取の仕方は、特に定められていないのですが、αリポ酸(アルファリポ酸)は食事と一緒に摂ると吸収率が落ちるため、食前30分前位に飲むと効果的で、コエンザイムQ10や、Lカルニチンとの相性が良く、同時に服用することで相乗効果が期待できます。αリポ酸(アルファリポ酸)が多く含まれている食品としてじゃがいも、ほうれん草、ブロッコリー、レバーなどに含まれておりますが、どれも微量しか含まれておりません。その他サプリメントなどもありますので、摂取量を守り調整してみてください。αリポ酸(アルファリポ酸)の摂取量は、一日の推奨必要量は約100mg と言われています。α-リポ酸を特定の遺伝的素因を持った方が摂取した場合、インスリン自己免疫症候群を引き起こし、低血糖状態になるという報告もあり、具体的な症状としては、冷や汗、手足の震えなどの症状が報告されています。このような症状が出た場合には、速やかに摂取を中止し、医師の診察を受けてください。また、その際には、α-リポ酸を含有した健康食品を摂取していた旨を伝えください。

なぜ効くの?

αリポ酸(アルファリポ酸)の最大の特徴は、体内の使われて酸化したコエンザイムQ10や、ビタミンC・ビタミンE、などの他の抗酸化剤も再活性化して再利用する点で、またαリポ酸(アルファリポ酸)は分子量が小さいため行き渡りにくいとされる脳にも届く他、体内のあらゆるところに行き届きます。水にも脂にも溶けるので吸収率も良く、ビタミンC・ビタミンEの抗酸化持続力よりも長時間持続させることができます。αリポ酸(アルファリポ酸)には肝臓の働きを強化する働きも持つ事から、αリポ酸(ルファリポ酸)の持つエネルギー代謝効率を高める働きから、食べた物を効率よくエネルギーに変え、疲れにくくする体を作る事ができると言われております。また、αリポ酸(アルファリポ酸)はエネルギー代謝効率を上げる働きを持っています。

手順

αリポ酸(aリポ酸/アルファリポ酸)には食事によりブドウ糖が体内に入ってくるとブドウ糖をすばやくエネルギーに変える働きを持っており、ブドウ糖をエネルギーとして使いきる事のできる役割をします。そのため、体内でのαリポ酸生産量が減ると、基礎代謝自体が減ってしまい、若いときにはいくら食べても太らなかったのが、30才前から太るのはまさにこれが原因であるといわれています。また、αリポ酸(aリポ酸/アルファリポ酸)にはビタミンCやビタミンEの約400倍とも言われる「抗酸化力」があり、細胞の若返り効果も期待できます。

やってみた!口コミ

なんで?

毎日飲み続け…
運動し、食事も
夕飯はご飯食べないで
朝、昼はきちんとたべて
間食は出来るだけカロリー気にして
と、やっているのに
なんでみんな痩せるの?
なんで私は減らないの?
泣けてきます(-。-;

絵文字アイコン画像:Six Apart Ltd / CC BY 2.1

おすすめ施設のご案内

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved