フィットネスクラブ検索 FIT Search

掲載施設数:7,360

スクワットダイエット

総合評価4.2
  • ペース2
  • 手軽さ4
  • 予 算4
  • 成功率5
口コミ105件

どんなダイエット?

1、リラックスして直立し、肩幅程度に足を開く。両手は前に伸ばす。2、バランスを保ちつつ、そのまま膝を曲げて腰を落とす。この時、膝がつま先よりも前に出てこないように注意する。上体を出来る限りまっすぐに伸ばし、胸を張る。猫背になると腰などの故障の原因になる。3、できればももと床が平行になるところまで腰を落とし、そのまま3秒程度キープしたのち、膝と背筋を伸ばしたまま腰を上げる。4、15~20回3セットを2日~3日あけて繰り返す。※あまり急激な動作は足の関節や筋肉を痛める可能性があり、好ましくないのでゆっくり行いましょう。足首の固い人はどうしてもかかとが地面から浮き上がってしまい、アキレス腱などに過剰な負荷がかかってしまいます。このような時は家の段差を利用するか、かかとにダンベルプレートなどを敷き、その上で行うようにします。筋肉は適度に休ませてあげた方がいいので毎日ではなく2~3日あけて行うようと効果が出やすいです。

なぜ効くの?

スクワットは一度にたくさんの筋肉を使うことから「下半身運動の王様」とも呼ばれています。特にももの前、お尻、ももの後ろ、ふくらはぎなどを中心に効率よくシェイプアップできます。小さな筋肉を一つずつ動かすよりも、一度に大きな筋肉をたくさん動かせた方が効率がいいのは一目瞭然ですよね!!筋肉運動は身体の中で熱を作る効果があります。冷える→脂肪がたまりやすくなるというサイクルがありますので、定期的にトレーニングしてあげると脂肪がたまりにく、むくみの予防だけではなく冷え性などにも効果が期待できます。

手順

人間の三大動作(しゃがむ動作、またぐ動作、踏み込む動作)の基本動作の一つ。一種目でたくさんの関節、筋肉を同時に使えるもっとも効率のいいダイエット方法です。続けることでシェイプアップさせるだけではなく下半身に脂肪をため込みにくくし、むくみ予防や血行促進、さらには周りの脂肪を持ち上げる効果が期待できます。ももの前、ももの裏、お尻、ふくらはぎ、股関節、膝の関節、足首の関節を中心に動かすことができます。

やってみた!口コミ

3ヶ月スクワットしてみた結果

1日10分?30分スクワットばかりしていたら3ヶ月でサイズが、LL→Mに!!!
かなり衝撃でした!また肩甲骨と股関節を同時に動かすと普通のスクワットよりも効果が大きいです!
お腹も引っ込むし背中もスッキリするし、ついでに脇腹のシワも無くなるし(悦)
スクワットバンザイ(* ´ ? ` *)/ンバッ

普通に腰落とすんでなくて、股関節から曲げてくイメージが大事!足先を外側に向ければ内ももに効くし?
ただ、慣れるまでは5分しかしませんでしたけど笑

絵文字アイコン画像:Six Apart Ltd / CC BY 2.1

おすすめ施設のご案内

本ページにおける基本情報は各施設が提供・承諾している情報及び、公開している情報をベースに構成しております。なお、施設の口コミは施設利用者の声を掲載しております。いずれも、ゲンダイエージェンシー株式会社は内容について責任を負わないことをあらかじめご了承ください。各施設の地図上の所在地は、実際と違う場合があります。最新情報は各施設へ直接お問い合わせ下さい。ただし施設の取材レポートは編集部が調査して掲載しております。

『FIT Search』は、全国のフィットネスクラブを紹介するサービスです。
各クラブの雰囲気や料金、インストラクター、体験レッスン、プログラム(プール含む)、などわかりやすく紹介していきます。
駅・沿線や目的から自分に合ったフィットネスクラブを探すことができます。FIT Searchのサービスはすべて無料です。
ここでしか手に入らない入会特典も掲載しています。

Copyright © FIT Search All Rights Reserved